2017年12月4日月曜日

これからClassic Intellimouseの購入を検討している方へ

Classic Intellimouseは、言わずと知れたIntelliMouse Explorerの復刻版です。
米国マイクロソフトのサイト
日本での発売はまだですが、米アマゾンから輸入して購入することはできます。 米国アマゾンの購入ページ

発売してすぐは在庫切れになっていましたが、今はIn Stockで、二週間ほどで日本へ着くかと思います。 私は送料も合わせて6,000円弱で購入しました。そこそこいい値段の部類に入りますね。

私はIEには何も思い入れがなくて、ずっとIMOを使っていたので左右対称マウスに愛着があります。 (現在メインで使用しているのはnixeusのsenseiクローンです) 右利き用マウスには若干の苦手意識がありますが、そこらへんを踏まえていただき、簡単にレビューしたいと思います。


◎ここがいいぞClassic Intellimouse
何と言っても形状。ぴったりフィットして気持ちいー。これはすごいなぁと思いました。
・マウスホイールのコリコリが気持ちいー。(個人的にヌルヌルなのは苦手)
・シックで大人な見た目と色。
・クリック感はしっかりしていて、オムロンな感じが良い。
・リフトオブディスタンスがきっちりしてる。

  ×ここがイマイチClassic Intellimouse
センサーが微妙。全然ダメってわけじゃないけど、なんか時々細かい部分でピュンって飛ぶ感じ?個体差かもしれませんが、、、正確さに欠けるイメージです。
・ラバーコーティング部分がすごくモロい。


自分の持ち方が悪いのですが、親指を立て気味で持つので、ラバー部分がボソボソになってすごく気になります。触った感じが気持ち悪いのでテープをつけてごまかしています。
ちなみに他のラバーコーティングマウスでこのようになったことはありません。

総評として、シビアな操作を要求されるゲームは少ししんどいかもしれません。センサーが本当に残念です。
 仕事で使っていますが、イラストレータなどの作業でセンサーが少し微妙に感じることが多いです。 最終的には好みの問題かと思いますので、日本で発売された際には触ってみるといいかもしれません。
それまでにもしかしたらセンサーのアップデートがあるかもしれませんし。
購入の参考になれば!

2017年5月2日火曜日

いやーすっかり

blogの存在を忘れていたぜー。 最近はRainbow Six SiegeとPUBGばかりやるFPSマンになってしまった。 PUBG面白いっすねぇ。何だろうね、無限に時間が溶けてしまうよ。 怖いからあまりしないようにしています。

2016年4月5日火曜日

いらすとやさん風「ウーサー」の描き方

いらすとやさんっていう超有名なフリー素材サイトあるよね! ウメヨド行ったらこのイラストだらけでびっくりするよねー。 リクエストにも応えてくれるみたいで、なんじゃこりゃー!ってのも多いよね。 でも、悲しいことにウーサーはなかったんだよ。 なんでハースストーン関連ないんだよ!ふざけるな!バカにしてるのか!って思ったから、自分で作ることにしたよ!

まず、ウーサーを描きます。 いらすとやさんっぽく仕上げるコツは、ふち線を描かないこと! ほとんど丸で構成されてるから描くの楽ちん。


次に、そいつをphotoshopに持ってこよう!

ここが最大のポイント!

フィルター▶︎ピクセレート▶︎水晶 ってのをかけてみよう。

するとどうでしょう!

なんか手描きっぽい味が出たよねー。

いらすとやさんの素材のポイント、味のある感じって、実はワンクリックでできちゃうことだったんだよね。 こりゃベジェで描いたやつを、ただフィルターかけるだけだから楽だ。

あとはほっぺたとかにちょいちょいっと、着色して完成だ!

これでいらすとやさんに苦労して説明してウーサー描いてもらう手間が省けたよね!

みんなもぜひ試してみてね(^O^)

2016年1月1日金曜日

あけましておめでとうございます!

今年も無事、ハースストーン初めを終えました。

しかし自分のプレイを見返すと、ものすごいプレミしてて汗が出ますね笑

思いっきりリーサルなのにレノジャクソン出るまで戦ってしまってたり汗

動画撮ると何が自分の甘いところなのかよくわかりますねぇ。

というわけで、今年も宜しくお願いします。


2015年10月17日土曜日

ハースストーンをしないほうが良い3つの理由。

時間があっという間になくなる。
一試合10分程度だけど、もうあと一試合、が積み重なると膨大な時間を費やしてしまう。
また、費やさなければ上手くならない。

麻薬みたいな中毒性。
僕はもう完全に中毒者だ。ふとした瞬間に、デッキのことを考えてしまう。昨日の最高なリーサルを思い出して、また同じことをしたくなる!
あまりにやってないと不安になる、弱くなってるんじゃないか、いまの環境に適応できているかなど。ハースストーンをしている時間はとても充実している。でも、あまりにも他のことを犠牲にしすぎる。あなたの趣味は確実にハースストーンちゅうしんになってしまうだろう。

金銭感覚がおかしくなる。
そう、ハースストーンは無料のゲーム。
でも、タダより高いものはない。
確かに、無課金でも何とかなる。ただ、膨大な時間を割くことになる。
あなたは自分をコントロールできる、課金なんてするはずがないと?そう、だれでも最初はそう思う。むしろ、そう思ってしまう方が危ない。
試合に負けて、ムシャクシャしてうっかり少額の課金をしパックを購入。そのパックから出てきたのは…レジェンダリーなカード!あなたは有頂天になり、もっと色んなデッキを組みたくなる。そして、無意識のうちに新しいパックへ手を伸ばしている…。
いつの間にかカードのコレクションは充実しており、さらにそこから出現確率の低いゴールデンのカード(普通のカードと性能差はないが、枠がゴールドでカードがアニメーションする)をコレクションし、全部を金にする人までいる。ソシャゲなどに比べたら可愛いものだけど、ゲーマーじゃなく普通の人でもそこまでなってしまう。

恐ろしい魅力のあるゲーム、ハースストーン。もうすぐ日本語版が解禁で、CMも派手にやるだろうし人気のユーチューバーとかもやりだすかもしれない。露出は確実に増えるだろう。
でも迂闊にインストールしてしまうと、あとでとんでもない後悔をすることになるだろう。今すぐ引き返すんだ!ハースストーンの事は忘れた方がいい。

2015年9月20日日曜日

Bane Paladin

シクレパラはあっという間に広まり、かなり対策が進んだ模様。
VoidCross型のシークレットキーパー入りデッキを使っていたのですが、勝てなくなってきたので思い切って変更。ジャギラさんのBane Paladinを使っています。
ジャギラさんはちょくちょくtwitterで微調整しているところまで見せてくださるので、どういったコンセプトで作られているのかとてもわかりやすいです。
上級者の考え方をとりいれるのには素晴らしい教材です。
ジャギラさんのtwitterはこちら。

Buffで相手より上回る展開で勝つデッキなので、フクロウ一発で止まってしまう時もありますが、Divine Faver入っていてミニオンは全て軽めなので復帰が早いです。
Nerub'ar Weblordを序盤に展開できれば、相手の動きをスローにできます。
あと、双子がなかなかトリッキーで面白いですよ。

2015年7月19日日曜日

Kno Tempo Mage S16

クロスさんがNA最速2位をとったnot e-sports Mageを最初は使っていたのですが、私の頭脳&知識ではとうてい上手く扱えず。
あれはやっぱ、メタとかいろいろ解ってないと無理です。ほんっとe-sports要素少ない。

というわけで私はもうちょっとe-sportsしてるデッキを使用しています。
Knoさんのデッキです。実は最初、間違えたデッキレシピのものを使っていたのですが、それでも勝てていたすごいデッキ。正しいデッキをご本人に教えていただきました。ありがたし。

全くいじっていません。
というか、Knoさんのデッキを僕がいじるなんておこがましい。
素晴らしいデッキですのでそのまま使っています。
ポータルとシュレッダーから何出てくるかなー?って毎回楽しめる楽しいデッキです。
シークレットのバランスがちょうどいい、素晴らしい。カウンタースペル一枚ってのが、効くんですよねー。マッドサイエンティストとの手札事故も少ないです。
思い通り進められたら、ぐいぐい加速できて楽しい。

以下、自分でやってて気づいたことをまとめました。

『テンポメイジの心得』

マリガンではマッドサイエンティストを残す。
シークレットは残さない。シークレットをサイエンティストから出すことで、一枚カードが減ってなにが手元に来るのか想像しやすくなる。相手にもプレッシャー。早めに壊して手札事故を防ぐ。

基本はマナカーブに沿ったマリガンを。とくにマナワームを序盤に出しておくと、相手が嫌でも処理しにくるからテンポを奪いやすい。

対ウォーリア戦では、初手にフレームキャノンとフロストボルトのspellを残しておく。アコライトオブペインとアーマースミス対策。特にドローソースは早めに断ち切るべき。

ある程度盤面をとれた状態では、ロセブかcounterspellでAOEの対策を。ない場合も、早めに立ち直れるようにミラーエンティティかアルケインインテレクトでケア。

対ハンターは、マリガンでフレイムウェイカーを残す。ライフの少ないミニオンを処理しやすいし、ハンターの武器では一回で処理できないので。向こうに処理をさせるくらいの早い展開とれたら有利。